Two targets ㊤ 《完》

3GAME /悪い男

ファーストフードの店を出てシュウと別れると、歩いて10分ほどのアパートに早足で帰った。


葉っぱが落ちきった少し寂しげに見える並木道を歩き、すれ違った仲の良さそうな姉妹につい羨望の視線を向けてしまう。


もしもあたしに姉妹がいたなら、こんな悩みを打ち明けられたのかも……と。


そこまで考えてふっと笑ってしまった。


打ち明けられたとしても、仁のような得体の知れない男のことを賛成するわけがないのにね。


不思議なのは、もしも誰かが仁の否定をしたとしたなら、あたしは不快に思ってしまうだろうってこと だ。


それを思うとあたしがシュウに話をしたのは、あたしの気持ちや仁のことを認めて欲しかったんだなとわかる。

0
  • しおりをはさむ
  • 199
  • 17545
/ 302ページ
このページを編集する