Two targets ㊤ 《完》

1GAME―『shadow』― /漆黒

シュウから次に連絡があったのは、前に電話で話してから一週間ほど経った、11月中旬。



「話があるから、アパートに行っていい?」


と、少し真剣な声で言われ、カフェに向かって歩いていたあたしは、しぶしぶアパートに引き返した。



部屋に戻り、珈琲を入れながらシュウを待っていると、しばらくして疲れた顔のシュウが入ってきた。


「どうしたの?」


シュウが疲れた顔をするのは珍しい……ってより、初めて見たかもしれない。


部屋を横切り、ドサッとソファーに倒れ込むシュウを目で追う。

0
  • しおりをはさむ
  • 198
  • 17354
/ 302ページ
このページを編集する