Two targets ㊤ 《完》


「……悪ぃ」


珈琲じゃなく缶ビールを手渡すと、シュウはそれを一気に煽った。


その様子を目の前で観察しながら口を開く。


「で?話ってなに?」


自分も珈琲に手を伸ばす。


「……ああ」


ため息のような息を吐き出したシュウが、暗い顔をしたまま、こちらに視線を向けた。


「こないだ調べてもらった件あったろ?そのことで、どうやら目を付けられたらしい」

0
  • しおりをはさむ
  • 204
  • 18052
/ 302ページ
このページを編集する