Two targets ㊤ 《完》


「……シュウは?」


「先に上がった」


密室の気まずさに、なんとか言葉を探そうとする。


「ここは……?」


「俺の所有しているビルだ」


「……へぇ」


こんなデカいビルまで持ってるなんて、一体裏ではなにしてんだか。


チラリと隣の男を伺うと、何考えてるか分からない瞳で見つめかえされた。

0
  • しおりをはさむ
  • 201
  • 17727
/ 302ページ
このページを編集する