竜の道

ナチ SF・ファンタジー
274ページ(完結) 更新日 2011/02/12 読者 2107人 公開 0 0

序章
(歴史の分岐・その一幕)

1章《目覚》
(神の一族・ナチの覚醒)

2章《記憶》
(真喜姫の願い・過去の調査)

3章《運命》
(因果の地三河・運命との対峙)

3章の《あとがき》
(やすらぎの刻・のぞみの想い)

4章《表裏》
(出逢い・そして別れ)

5章《那智》
(帰郷・神の棲みか)

6章《再会》
(歴史探訪・再び会う)

7章《仕掛》
(風水G始動・縛られし宿命)

8章《秘密》
(古の山民・ナチを凌駕せしモノ)

9章《神戦》
(神の定義・神戦とは)

10章《決着》
(与える物・神たる由縁)

11章《因縁》
(千年に亘る物語)

12章《初詣》
(平和を願う者たち)

この物語はフィクションです
登場する人物名・団体名・施設名は
実在のものとは関係ありません

*完結*
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 0
  • 0
 
このページを編集する