男子大学生の日記

6月 /19






こんばんわ😊






全然更新できなくてごめんね



全く更新できる暇がない!!!(笑)














昼は大学の友達と遊んで学校行って



夜は柊と、だから充実














ん〜昨日の話しようかな〜











同棲して初喧嘩!しました
















柊、洗い終わった食器はすぐ拭いて棚に戻す人らしいんだけど



俺は洗って水切りみたいなとこ置いて乾かす人なの










で、すっげーくだらないんだけど











柊「……はぁ」












ってため息ついたの聞こえたから










俺「どうした?」













って聞いたの




そしたらちょっと朝から不機嫌だったのもあり












柊「だからさ、洗い終わった食器は拭いてって言ったよね?!」













って強めに言われ












俺「あぁ、ごめん…」













って俺もわざとじゃなくてさ、いつもの癖でそうしちゃうんだからそんな怒んなくてもいいじゃん


とか思いながら拭こうと思って隣行ったら













柊「いいよもう、俺やるからあっち行って」













って言われて






俺もちょっとカチンと来て













俺「なんだよそれ、そんな怒ることじゃなくね?別に置いといても乾くんだしいちいち拭かなくていいじゃん」













って結構キツめに言ったのそしたら












柊「ホコリとか被ったら嫌じゃんせっかく洗ったのに!もう本当蒼汰のそういう雑なとこ嫌」













とまで言われまして













俺「はぁ?なんなの、俺なりに柊に合わしてるのに忘れたらそんな責められなきゃいけねーの?嫌なら自分でやれよ」














って俺もイライラしてたからか言いすぎた












でも言ってる時ってむかつきしかないから













柊「…………ごめん」














って柊謝ってきたんだけど















俺「……ちょっと外行ってくる」












すぐに熱は冷めなくて










頭冷やしに外へ













あ〜~なんであんなことで俺イライラしてんだろって後悔












いや、割と積み重ねかな





同棲すると



今までと違うところたくさん見えてくる












三年一緒にいたけど



電気のつけっぱとか
戸締りとか
冷蔵庫の使い方とか



俺は気になっちゃうし

柊も気になってると思う
















柊は気になったとこ言うから俺は直すよう頑張るけど、それですら苦に感じてきちゃうよね













って感じだったのさ














こんな感じで俺がいたの柊もきっと気づいててさ









だから俺が頭冷やしに外行くって言った時も











柊「っ、待って!ごめん、ごめん蒼汰。蒼汰にばっか俺の我が儘聞いてもらってそれなのに文句ばっかり…。」














って腕掴まれて言われて














俺「……うん、大丈夫。俺も悪かった、ちょっと頭冷やしてくるだけだから」














って行こうとしたら















柊「やだ!蒼汰行かないで!」














って崩れるように泣いて













え、え、









俺混乱状態
















俺「柊?どうした、泣くなって、ちょっと外いくだけだって」













って涙拭いても拭いても出てくるし















柊「行ったら蒼汰……もう帰ってきてくれない気がする…」












ってまたグスングスンやるから
















俺「何言ってんの、こんな可愛い柊が待ってるんだもん、ちゃんと帰ってくるって。」













って俺もうこの時すっかり頭冷えたんで外いく気全然なかったです
















柊「……我が儘言ってごめん、やり方全部押し付けてうざかったでしょ?蒼汰のこと何も考えてなくてごめん」














って謝ってきて












俺「……ん〜まぁちょっと我が儘すぎだけど、柊の我が儘なら聞けるよ?」

って言ったら





0
  • しおりをはさむ
  • 150
  • 42
/ 83ページ
このページを編集する