男子大学生の日記

5月 /24




こ〜んばーんわ!











今日柊と家でまったりしてたんですよ













お昼1時ぐらいだったんですけど












俺「柊、お昼なに食べる?」








作ろうと思って柊に声かけたら



読書してたからか寝ちゃってて






座りながら寝るの辛そうだからとりあえずソファに寝かせたんですよ









抱き上げた衝動で軽く起きて


でもまだ寝ぼけてる感じで











柊「…蒼汰、」









って俺の名前呼んでから抱きついてきて










いやいや可愛すぎか!!!!












俺「柊ごめんね、ご飯作るから」










ってご飯作って


柊起こしたんだけど起きなくてしょうがなくソファの前座って食べてたの












そしたらいきなり後ろから抱きつかれ










柊「な~に一人だけ食べてるの」










って言われ不意打ちすぎてびっくりした











俺「あぁ、ごめんごめん。柊のもちゃんとあるよ」









ってご飯指したら












柊「…蒼汰食べさせて」










って耳元で言うんだからやばいやばい













俺「…柊、今ご飯中だから。後で構ってあげるから」











って言ったのに抱きついたまま












柊「あとで〜?今がいーのにー」











って頭スリスリしてくるの可愛すぎ












いや誘惑に負けちゃダメだと思い


無視してご飯食べてたの(可愛かったし)













そしたら







柊「いっただっきま〜す」













って言って何かと思ったら俺の耳ガブッって…













俺「うわっっ、!」











びっくりして箸落とした〜












柊「あははっ!驚きすぎ!感じた?」













って舐めてくるの














俺「やめっ、あとちょっとで食べ終わるから」













いやほんとはもう飯なんか捨てて柊食べたかった






けどなんかプライド(笑)














柊「む〜!構え~~!」













って珍しくデレ全開の柊可愛すぎた…









そんで飯食い終わり




よしっ












俺「そんな構って欲しかった?」











不満そうな顔で俺見る柊にそう言うと











柊「俺より飯が大切なんだと実感致しました。」












って口調は怒ってるくせに抱きついてくる柊かわいい












俺「柊より大事なものなんてないけどな〜」












って頭よしよししてたら












柊「じゃあ構え」












はあかわいい











俺「いいよ、何してほしい?」












蒼汰の〇〇〇俺の〇〇〇と〇〇してほしい

とか

俺のこと〇〇〇〇してほしい





とかゲスな考えしかできなかった俺に比べ











柊「…好きって言ってほしい」













……シヌ。









なにこれ可愛すぎ











俺「なにいきなり」











柊「…最近言ってくれてないもん」











あーたしかに

思ってるけど言ってないや











俺「…恥ずい」











なんか急に羞恥心が…!











柊「…じゃあいい。」












ってちょっとむくれちゃったから







恥ずかしながらも











俺「…柊好きだよ」













って言ったの



でも恥ずかしいから顔あげようとする柊の頭胸に押し付けたら













柊「ふふっ!蒼汰可愛い!照れてる!」












って嬉しそうだったからよしとする











柊「幸せだな~」












ってポロッと言ってて


なにそれ反則












デレ全開、可愛かった柊ちゃんでした。





0
  • しおりをはさむ
  • 150
  • 42
/ 83ページ
このページを編集する