男子大学生の日記

4月 /11日







こんばん〜〜わ〜


















今日なんか雨降ったり病んだりでなかなかスッキリしない天気だったね〜














今日大学行ってすぐ帰るって予定だったんだけどさ












暇だったから帰りに図書館寄ってきたんだ










案外いろんなの置いてんだな〜


って関心して見てたら











「あれっ蒼汰」











と嬉しい声聞こえたと思って振り返ったら









可愛い子(♂)と一緒に立つ柊












俺「えっ、柊なんでここに…?」









ここ俺の大学……












って言うと柊





柊「あ~… 俺の友達も蒼汰と同じ大学で今日は来てみなよ〜って誘われて…」







ってちらっと隣の子を見る









そしたら隣の子が









「はじめまして。柊と前バイト一緒だったナナセって言います。蒼汰さんのことは柊から聞いてて大学で何度か見かけてたけど話すのは初めてだよね、」











ってニコってさせて

おお、こんな子いたんだ知らなかった


って感じですね











俺「そうだったんだ、もっと早く言ってくれたらよかったのに、よろしくね 」










って俺もニコッとしといた














柊「それにしても蒼汰が図書館なんて珍しい」










ちょっとバカにした感じで見てくるから













俺「俺だって一応学生してますから勉強しますよ〜」














って勉強って訳でもないけどもってた小説見せたら












ナナセ「あっ!それ僕も読んだ!すっごい面白いですよ!」










って反応してくれて









俺「えっ、マジ!?俺この人の書く話好きなんだよね!毎回ドキドキハラハラって!」
















ナナセ「えーわかる!(作家)さん凄いわかり易いんだけど工夫があって、スラスラ読めるからちゃんと世界観に浸れる感じもあるよね!」














ってすっげー話盛り上がって笑














俺「いやービックリだわ、こんな(作家)さんで話し合ったの初めて(笑)」










まぁ俺が誰にもこの作家さん好きだって言ってなかったっていうのもあるけど笑












ナナセ「僕も(笑)」










って感じで良いひとときでした








俺らの話飽きた柊は途中でどっか行って戻ってきてどっか行っての繰り返しだったけど(笑)















ナナセって七瀬って書くけど苗字じゃないんだって



苗字感強くて初め苗字だと思ってたけどフルネーム聞くとわりとナナセって名前しっくりくる感じ笑













いー子だったなーー

かわいかったし







俺のことたまに見かけるって言ってたけど

同じ授業取ってんのかな?



それとも校舎で適当に見かけたーって感じなのかな








今度見かけたら声掛けよーっと!













そんな感じの1日でした今日!





イチャイチャなくてすいません!





0
  • しおりをはさむ
  • 150
  • 42
/ 83ページ
このページを編集する