要らないラブレター[ 1 ]

理李
恋愛 2ページ(連載中) 700字 更新日 2014/12/11 読者 16人 公開 0 0





毎日届くラブレター。



「なんで相手しないの?
普通女ってそういうの惚れるんじゃねーの?」



馬鹿な。
むしろうんざりだ。


私が一番苦手なものだ。

本当の好意。私だって分かる。
そんな馬鹿じゃない。



やめろとは言った。



「先輩が一度もぐしゃぐしゃにしてビリビリに破いている姿なんか見たことありませんよ。
だから、書いてしまうのです」



彼の答えはこうだった。
止めそうな口ぶりでもなかった。





『それって、結局傷つけてんじゃないの。
早いとこ俺にしとけば』


『先輩を信頼してます。
と同時に、あなたを愛しています』



【愛してる】は私にとって

とても痛い。





  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

ロック中
ロック中
ロック中
ロック中
ロック中
ロック中
  • 0
  • 0
このページを編集する