- Dryice Sensation - 【完】

Bar HEIDEY /Message



後書を書くのが
とても久しぶりな
筆者・葡波です、こんにちは。

ドライアイスセンセーション
いかがだったでしょうか。

まずは、最後までお読みくださった皆様に、心からの感謝を申し上げます。
同時に、スランプや私的な事情もあり、完結までに9か月近くかかってしまったことをお詫びします。。

執筆中なのにもかかわらず、たくさんの方にイイね!のクリックをいただいて、増えるたびに喜び勇んで、更新をしておりました。笑
イイねに加えコメントまで頂いた皆さんにもう一度御礼申し上げます。

そして次作についても失礼いたします。
実は、当ホームページはファンタジー小説の多いサイトとなっていまして、
だいたいファンタジーものとその他恋愛小説とを交互に連載しております。
なので、この作品の次はおそらくファンタジーものになると思われます。
よろしかったらまたおいでください。


それでは長々とお読みいただきましてほんとうにありがとうございます。

皆様が素敵な恋愛ができますように。


2012/9/27 葡波

0
  • しおりをはさむ
  • 421
  • 288
/ 551ページ
このページを編集する