隣の悪魔 【完】

やっぱり悪魔






「あんた、何やってんの」



「え!?あ、おはよう香菜ちゃん!」





次の日の朝、なんとなく事務所に入りづらくて入口で突っ立ってたら、後ろから香菜に声をかけられた。





ヤバイ。橘と顔会わせづらい。





事務所を見渡してみる。



橘は…まだ来てないな。



ほっとして自分の席に行こうとしたら、近くにいた生産管理の人達の会話が聞こえた。





「今日橘休みだから」




あ、今日休みなんだ。



なんだ、緊張して損した。











…まさか私に会いたくないからじゃないよね?



もしかして完全に嫌われた…?

0
  • しおりをはさむ
  • 452
  • 7675
/ 150ページ
このページを編集する