春は仄かに Ⅰ 【完】

夏は気づけば近くにいて





ことり ことり

何かが近づいて

何も分からないまま

何かを失うのか






  • しおりをはさむ
  • 165
  • 421
/ 354ページ
このページを編集する