春は仄かに Ⅰ 【完】

残暑と影が蠢いて






動き出すのは

守る者

知らない者

狩る者

何を信じて、何を疑うか

  • しおりをはさむ
  • 165
  • 421
/ 354ページ
このページを編集する