Stay with me 前編【完】

Chapter10 /傷跡







7年前………母に捨てられた頃の記憶は霞がかかっているように朧げだった。所々途切れていて、目が覚めた時には病院のベッドの上にいた。

どういった経緯で病院に運ばれたのか、それは今でも分からない。日常的に暴力を受けていて、栄養失調に陥っていたのは確かだったけど。




‘’ようこそ。沙良ちゃん…‘’


退院後、自分の気持ちを整理出来ないまま身を置くことになった場所は児童養護施設『桜の葉園』。戸惑いと不安を抱える私を涼子先生達は笑顔で迎えてくれた。

そして……


‘’あなたが沙良ちゃん?わたしは三浦由香だよ。今日からよろしくね!‘’


眩しいくらいの無邪気な笑顔で私の手を取ってくれた2つ年下の女の子。

それが、由香ちゃんだった。











0
  • しおりをはさむ
  • 3298
  • 1407
/ 551ページ
このページを編集する