Stay with me 後編

Chapter12 /支配者










歓楽街の入口から程遠くない場所に位置するクラブ『Luna 』。

一般の商業都市としての一面と仄暗いアンダーグラウンドとしての一面を併せ持つこの街で、Luna は比較的健全なクラブだった。

薬の売買や違法賭博、裏の取引きが行われるのは歓楽街のもっとずっと奥。

大音量のダンスミュージックが流れ、派手な格好の男女が乱れて踊っていたって、ここは安全な場所だと分かっているからあたしも菜乃花も気兼ねなく過ごせている。

だから、今夜も何事も無く過ごせるはずだった。突然の来訪者が来るまでは……





「もうっ!ちーちゃん、たっくんどうしようー!!」


Club‘’Luna‘’2階、VIP室。ソファに深く腰を下ろし眠りかけていたあたしの耳に菜乃花の泣き声が届いた。


「どうした?菜乃花……」


半泣きになった菜乃花は悲愴感を漂わせてスクールバッグを握りしめていて、崇はそんな菜乃花の顔を心配そうに覗き込む。

面倒くさいことになりそうな予感がし、早々に席を立とうとするも、


「ちーちゃんどうしよう!赤点3つも取っちゃったよー。どうしよう……留年しちゃう」


あたしの行動を先回りした菜乃花に呼び止められ、逃げ道を塞がれた。

どうしよう。超めんどくせぇ……


「んなの、知らないわよ。ったく、だから試験前くらいちゃんと勉強しとけって言ったのに……」

「ちーちゃん酷い。勉強ちゃんとしたもん。でも、分からなかったんだもん!」


「もん!」じゃねぇよ。「もん」じゃ……

涙目で反論してくる菜乃花に必然と頭が痛くなってきた。







0
  • しおりをはさむ
  • 8676
  • 1170
/ 557ページ
このページを編集する