藍の華【完】




この歳にもなってそんなこと思うなんて、馬鹿みたいだと思う。



もうすぐ18歳にもなる奴が、どんな大きいガキかって笑っちゃうくらいだ。



「家族水入らずって奴だな!楽しめ藍華!」



ニシシと笑うのは恭子。



「今日くらいはね、ちゃんと話してくるといいよ」



優しく笑いかけてくれるのは聖夜。



他の皆を見回してみると、優しい顔をしてあたしを見てくれていた。



「…ありがとう」



どれくらい言ったらいいか分からない。


これだけで足りているのかも分からない。




いつかあんたたちに返せる日がくるのかな。


そうしたら全力で恩を返す。



そしていつかまたあんたたちに何か危機が起きたのなら、


あたしは全力で守るよ。







「行こう」


「うん」






こんなにも時が輝いているなんて、あたしは知らなかったんだ。



0
  • しおりをはさむ
  • 347
  • 25208
/ 506ページ
このページを編集する