藍の華【完】

4. 寂しさとアイツ



あたしは、なんだかんだ待っていてくれる匡のもとに小走りで近づいていった。



「………もしかして、バイト先まで送っていってくれるの?」



これはもしかしたら、と思ったこと。



そんなあたしの質問に、何の返事もしない匡はあたしの隣でただ歩いているだけだった。



………たぶん、無愛想な匡のことを考えるとそれはきっと肯定なんだと思う。



それともう一つ、匡はあたしの歩くペースにあわせて歩いてくれているということにうっすらと気づいてはいた。



何にもしゃべらないし、ほんといけ好かないと思うけど、実際のところ、匡はきっと誰よりも優しい。




そんなことを考えて、あたしが匡のことをジッと見ていたことに気づいたのか、怪訝そうな顔をしだした。



「…………なんだよ」



0
  • しおりをはさむ
  • 347
  • 25143
/ 506ページ
このページを編集する