藍の華【完】

5. 白銀の狼




────それは一通のメールから始まった。 




夜中ベッドの上でいつものようにくつろいでいると、突然携帯が揺れだした。




………誰?




そう思って携帯を見ると、とある人物から簡素なメールが届いていた。




“家の前にいる”




あたしはそれを見た瞬間、家から飛び出し、階段を勢い良く降りていく。




暗いところに目が慣れるのは時間がかかったけど、メールを送ってきた人物がいることがすぐ分かった。


                  
あたしが寄っていくと、それに気づいたその人はゆっくりと顔を上げる。








「…………どうしたの、急に











────────悠斗(ハルト)」




0
  • しおりをはさむ
  • 347
  • 25145
/ 506ページ
このページを編集する