藍の華【完】

あとがき






はじめまして。作者の一ノ瀬 亜子と申します。



ここまでお読みいただき、感謝申し上げます。



この作品は私の処女作で、一旦更新をやめてしまったせいか完結までとても時間かかってしまいました。

待っていた方がいたか分かりませんが、ご迷惑おかけいたしました!

主人公藍華は愛を感じずに生まれてきた女の子として、仲間に出会い、匡に出会い、さらには家族との仲も取り戻し、変わっていきました。

私はこの小説で、大切な何かを伝えることができたらいいなと思って書き続けていましたが、皆様には通じたでしょうか。



そして何よりも悠斗の存在は大きかったと思います。



こんな小さい頃から思っているのに、どうして結ばれないの!と思った方もいると思います笑



けれどやっぱり藍華が変わっていったのは、不器用で強引な匡がいたからなんじゃないか、と私は思います。




ちゃんと言葉で気持ちを伝えることは大切です。



それが伝わっていてくれたのなら、幸いだと思います。

さて、これまで応援してくださっていた読者の方々。



レビューやイイね!、感想は本当に私の励みでした。



更新を追ってくださった方も、みんな大好きです!

本当に、ありがとうございました!



そしてそしてただいま新作も置いております。


また不良ものなのですが、内容はそんなシリアスめにはしないつもりです。どっちかというとドキドキ同居系?笑

Twitter (@akoooo_31)で更新情報や小ネタを配信しますので、ぜひ!!フォローしてください!

一声かけてもらえたら嬉しいです(^ω^)

ではでは、最後になりますが、本当にありがとうございました!



皆様に幸せが訪れる事を願って〜



一ノ瀬 亜子
2015.03.21




藍の華【完】

更新開始
2013/12/30
更新終了日
2016/08/01
一ノ瀬 亜子
  • しおりをはさむ
  • 表紙へ戻る
    作品タグ:

    作品タグ編集(最大10件)

    ロック中
    ロック中
    • 347
    • 25132
    このページを編集する