日本史ー戦国物語

日本史ー戦国物語試み案

第1回
●日本は、アジアの東のフロンテイア(新天地)であった。ユーラシア大陸の民族移動の
中、また、アジア大激動の中、騎馬民族(トルコ、ペルシャなど)、中国、韓
などの政治闘争、戦争などで、亡命あるいあhあるいは、移住してくる人間
を受け入れていた。ある意味で、昔のアメリカ合衆国である。そのフロンテイアで
ある移住してきた民族は、昔から住んでいた大和民族と
ひとつの国家とまとまっていった。

国家建設の、より、大きなきっかけは、「白村江の敗戦」(663年)である。
大和朝廷は、中国の制度を取り入れながら、独自の政治形態、文化を創り始まる。
諸民族の連合国家であるゆえに、変化に対する適応能力は高い民族、国家として
まとまっていった。

日本の国土は、日本国家のものであったが、支配階級の貴族は、自分たちが都合のよいように法を
みづから無効化し、土地を私有化しはじめる。国家財政はこれにより
傾き始める。その間も大和政権は、日本の東北への侵略戦争を開始し、その政治範囲を
増やしていく。その軍事は、蝦夷討伐のための征夷代将軍に任せれれていた。
天皇ー摂政藤原氏の2重構造の権力機構が成立するが。

関東ー東国には、渡来人に加えて、天皇につながる源氏、平家の武装開墾団(武士)が
が力をつけまじめ、みづからの土地所有権を主張しはじめる。
血統のよい「土地私有権の主張者」たちの代表(源頼朝)は、天皇の宗主権はそのまま、みづからの政権を樹立することに成功する。

この鎌倉幕府から、江戸幕府まで、征夷大将軍が政権をにぎる長い「将軍の時代」が始まる。
この時期、13世紀、人類史上最初の世界大戦であるモンゴル戦争(モンゴル対仏教対イスラム)が起こるが,武士の活躍と天候の影響で、辛くも、世界を一時期支配した「タタールのくびき」からは逃れる。元寇。しかしユーラシア世界は、モンゴル帝国によってはじめて統一される。

16世紀のアジアへのスペイン、ポルトガルの攻勢にあたっては、日本史上、最大の
変革者、織田信長の時代であり、100年間つづく、戦国時代で、武器能力戦闘能力は
世界のトップクラスにあった。織田信長は天下布武をテーマに日本を統一しょうとしていた。
宗教的権威など古い日本の旧体制を力づくで滅ぼそうとしていた。

0
  • しおりをはさむ
  • 0
  • 0
/ 4ページ
このページを編集する