イエズス会日本占領計画

●イエズス会日本占領計画●連載中

「15世紀末にはじまったスペインとポルトガルによる大航海時代の波は、その後数世紀にもわたる欧米植民地支配の起点となった。キリスト教布教と征服事業ははじまから車の両輪であった征服の方をあきらめざるをえなかった日本のごときは例外であった」

とします。

日本に対する日本征服計画。


また、イエズズ会の、スペインの明征服計画も企てられていました。
それゆえ、当時、明征服を考えていたのは、スペイン、満州女真、そして、秀吉であったわけです。この
あたりのことを、色んな本から、推理していきます。

■出展は「歴史・公民」全教科書を検証する」本の91ページ。

0
  • しおりをはさむ
  • 0
  • 0
/ 7ページ
このページを編集する