【重要】リニューアルのお知らせ

BOOK機能の仕様変更に関して必ずご確認ください!
詳しくはこちら


red 赤ずきんと童話の世界

red 赤ずきんと童話の世界

なないろ
SF・ファンタジー 17ページ(連載中) 17054字 更新日 2020/01/12 読者 505人 公開 0 0

祖母の家の近くにある古い神社にある大きな岩の前で、出会った銀髪の男の子は、童話『赤ずきん』に出てくる狼だった。

彼はあかりを「赤ずきん」と呼び、童話の世界へと連れ込んだ。

その童話の世界で様々な人物と出会う。


白雪姫の王子は、

「汚い! 私に触れるな!」

消毒スプレーを常備する、潔癖症。


シンデレラの王子は、

「あれ? 何だっけ?」

鶏もビックリする位、すぐ忘れる。


眠り姫の王子は、

「Zzz…」

3度の飯より昼寝好き。


人魚姫の王子は、

「可愛い子ちゃん、見~っけ!」

女好きのナンパ野郎。


美女と野獣の野獣は、

「あ、あの、ありがとう……」

普段はおとなしいのに、

「てめぇ、ぶっ殺すぞ!」

キレると手がつけられない……。


アラジンは、

「へっ! 騙されてやんの~! バーカ!」

イタズラ好きの反抗期少年。


裸の王様は、

「ありのままの私を受け止めて~!」

露出狂のオカマ。飛び込み先はイケメン。


ピーターパンは、

「え? 呼んだ? 知~らないっ!」

空気の読めない自由人。ちなみに女の子。


童話の世界で個性豊か(?)なプリンスたちと、旅をする破目になった灯。

そんな彼女にとって、1番の問題児は、彼女を童話の世界へと連れて来た狼、響太きょうただ。


狼とはいっても、普段の姿は人間。


「他の男にヘラヘラしてんじゃねぇよっ!」

(してないしっ!)


とてつもなく、俺様な人間……。







☆お願いとお知らせ☆

*誤字、脱字、間違った言葉の使い方などあるかもしれません。気付いた所は直していきます。

*他の話の更新が中心となる為、しばらくの間は冒頭部分のみ公開しています。







☆2018年9月29日 冒頭部分公開☆
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 2
  • 0
このページを編集する