御三家の桜姫㊤【完】

二.姫か下僕か /(一) 嘘か真か

 朝、起きてくると、キッチンにはお父さんが新聞を広げて座ってた。その向かい側に座ると、新聞から顔を上げたお父さんが微笑む。


「おはよう、亜季」

「おはよう。今日はゆっくりなんだね」

「あぁ、今日は朝礼がないから。亜季、高校は楽しいか?」

「うん」

「そっか。良かったよ、たまたま──」

「ねぇ、早く食べてくれない? 片付かないから」

「……はい」


 お皿の上のトーストに手を付ける。黙りこくったお父さんに視線を向けず、とりあえず口のなかにトーストを詰め込んだ。


「……あの、もうすぐ第一考査の結果が出るんで、」

「それがどうかした?」

「学年で十位以内に入ったら、少し授業料が免除されるみたいです。また成績と減免措置については書類を持ってきます」

「学費の話なら拓実(たくみ)さんにすればいいでしょう」

「そうでした。すみません。お父さん、また減免措置書類貰ったら出します」

「あ、あぁ……」


 そのまま半分以上残ってるトーストを数十秒で口の中に入れて、飲み込む。


「じゃあいってきます」

0
  • しおりをはさむ
  • 731
  • 1218
/ 220ページ
このページを編集する