買われた遊女 2

章タイトル未設定

凛が消えて ひと月と半分 全く動き出さない 和真と甲斐に京之助は内心イライラしていた。

お頭は まだ見つけられないのは お前の腕のなさだから 人のせいにするなと言う一点張り…。

凛の情報が少しでも入れば すぐに駆けつけたが 全て人違いだった。

凛が居なくなって 初めて気づいたことは、凛がいないと 全く毎日が楽しくない。

何をして暮らしているのか、 足は辛くないのか…。思いは沢山ある。

政峻と2人きりで 1ヶ月半というのも、京之助の冷静さを欠いていた。

「………たく…。どこにいるんだよ。」

0
  • しおりをはさむ
  • 693
  • 135
/ 258ページ
このページを編集する