買われた遊女 2

里崎藩 /黒い影

馬を走らせて 里崎藩の門をくぐると 鳥谷が待っていた。

「御無沙汰しております。若頭に凛姫。最近 鈴姫様が ご正妻になられるからと 聞きましたり、凛姫が消えたという噂で 心配しておりました。」

心配そうに 一春は 凛を覗き込んだ。
その様子に 京之助がサラッと答えた。

「鈴姫には きっちり断ってある。凛も 大分足が治ってきたし、安ずることはない。」

「ならば 宜しゅうございました。」

0
  • しおりをはさむ
  • 860
  • 140
/ 344ページ
このページを編集する