買われた遊女 2

凛たちが帰った後、 甲斐は 玄関先で 見送りをする花車に声をかけた。

「店主と話がしたい。ここに連れて来てくれ。」

甲斐の 何を考えているのかわからない表情に 花車は身震いした。

「こんな所じゃなんだし、奥に上がって下さいな。」

「ここでいい。話は短い。すぐ終わる。」

甲斐の淡々とした口調に 更に花車は 嫌な予感がした。
花車の隣で見送っていた吉野も 怖くて足が震えた。

「わ、分かりましたよ。なら 吉野 あんた 旦那を呼んできておくれ。」



0
  • しおりをはさむ
  • 713
  • 137
/ 268ページ
このページを編集する