買われた遊女 2

あばら家 /横丁のあばら家

甲斐は、花車に一言礼を言った。

「あなたが凛姫を危険から回避させてくれたと 聞きました。褒美として 2名.死罪の女を.ここの遊女として引き渡す事は出来ます。如何します?そこそこは 金を稼ぐと思いますよ?」

「な、なら その子達は 遠慮なく頂きますよ。」

花車は やはり 凛を今ここで働かせれば、妓楼が潰されかねないと胸をなでおろした。

和馬から 凛が溺愛されているとは聞いていたが 相当なものだねと 心の中で呟いた。

0
  • しおりをはさむ
  • 770
  • 138
/ 295ページ
このページを編集する