買われた遊女 2

「なら 早く帰って来ますから、凛姫はくれぐれも外を勝手に出歩かないでください?あと、誰かきても、和真と甲斐以外は絶対入れてはなりませんよ?」

心配症を通り越して 過保護になっている政峻に 凛はクスッと笑った。

「大丈夫にございますよ?心配しなくても 無理はしませんから。」

「まぁ、今までおかしなのが来たのは1回きりですから、大丈夫かとは思いますが…。」

「クスクス…。そこまで心配して下さるなら 行かなくても良いではございませぬか?」

政峻は、行かなくていいなどと言われるとは思っていなかったので 顔を真っ赤にしている。

「いいえ。夜の凛姫の痛がり方は 尋常ではございませんから、やはり すぐ帰って参りますから 待っていてください?」

0
  • しおりをはさむ
  • 715
  • 137
/ 271ページ
このページを編集する