買われた遊女 2

落ち着く人 /そばに居たい

「悪かったと思うなら ちゃんと事の経緯を説明して下さいませ!」

そう言われて 凛は 京之助をチラッと見た。事の経緯を話すにも 京之助がいたのでは お頭とお春の方様の話をしにくい。

そう思っていると、京之助は 凛の考えが分かったらしく苦笑いした。

「大体わかってるよ。お頭とお春の方様に あの山小屋に隠れろと 言われたんだろ?」

「………理由は言えねーが 悪いようにはしねーから 鈴姫の事が収まるまで 少しの間 身を潜めろと…。」

凛は 2人に言われた通り 呟いた。

「ならば何故私もお連れ下さらなかったのでございます?」

「…連れていくなと言われたのもありんしたが、清の家族も 京之助のおかげで士官もかない、清もここに居場所ができやんした。何も あっしと苦労する必要は 無いと思ったのでありんす。」

0
  • しおりをはさむ
  • 771
  • 138
/ 295ページ
このページを編集する