貧乏探偵3 - 消えたスナック菓子

下町ホテル
ミステリー 89ページ(完結) 13089字 更新日 2019/07/23 読者 592人 公開 0 0

超貧乏探偵の大木林。彼は一人の少年がなくしたお菓子を追って、奇妙な行動をとり始める。
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 2
  • 13
このページを編集する