キミとキス。【完結】

男と女 /side アオシ



『どうやら俺は、ハルカちゃんのことを好きになったようだ』


そう伝えようとしたのに、彼女が俺の言葉を遮った。


「あんまり困らないでください」

「……え?」

「大人になるまで、心の奥にしまっておきます」

「ハルカ……ちゃん?」

「アオシさんのことが大好きなこと。……もう少し大人になるまで封印です」

「……」

「だけど、もう少し大人になったらもう一度伝えてみてもいいですか?」

0
  • しおりをはさむ
  • 315
  • 883
/ 454ページ
このページを編集する