キミとキス。【完結】

男と女 /side ハルカ



「マオちゃん。昨日ね、アオシさんとお風呂に一緒に入ったの」

「えっ?!えぇえぇぇぇぇぇぇぇ!!!」


マオちゃんが食べていたホイップメロンパンが教室の床に落ちた。


「あ。落ちちゃったよ?はい、これ半分あげる」


アオシさんと一緒に朝、パン屋さんで買ったサンドウィッチをマオちゃんに差し出したけれど、マオちゃんはそれどころじゃないという感じで身を乗り出した。


「どどどどどどどど、どうやって?!」

「えっと。……湯船に40℃くらいのお湯をはって。あ、先に入ってたのはアオシさんで」


他には……。

天井を見上げて考えていると、マオちゃんがさらに質問をしてきた。

0
  • しおりをはさむ
  • 315
  • 883
/ 454ページ
このページを編集する