シーツに纏われて。【完結】

1st-memory

……アキラを待つ時間、何から話そうかと考えていた。

思い出すのは、ミドリを見つけた大学の入学式。

それから、ミドリと知り合ったアキラの部屋。

ミドリとの出逢いは、俺にとっては少しだけ切ない思い出。

あの時は気づかなかったけれど、それは長い片想いのはじまり。

それから……親友の女を好きになる、そんな失態、まさか自分がすると思っていなかったから。

0
  • しおりをはさむ
  • 446
  • 870
/ 454ページ
このページを編集する