シーツに纏われて。【完結】

thanks

……――父が食べたチョコの包みを手にしたツカサが笑った。

いつだってほろ苦かったバレンタイン。

チョコを贈ったのは、18の頃からツカサだけ。

アキラにも、そのあとできた彼氏にも……、チョコは贈ったことがない。


他の男に、綺麗にラッピングされたプレゼントを贈っても。

美味しいワインを取り寄せても。

豪華なディナーを予約しても。


チョコはツカサだけ。

0
  • しおりをはさむ
  • 436
  • 863
/ 454ページ
このページを編集する