双子の妹はカエルのお姫様①

カエルの子、嫌がらせされる



朝、セットしていたアラームが「ピピピッ」と室内に鳴り響いた。



「眠い……」



昨日は結局、鈴蘭を連れて帰ってそのまま部屋で寝てしまったんだ。


それにしても、昨日は思わぬ人達に会ってしまった。



生徒会…生徒会役員はそれぞれの家がかなりの権力を誇っている。



いずれは会うと思ってたけど、まさか皆鈴蘭に夢中とは思わなくて。流石は鈴蘭。



「………ん」



まだ完全に覚醒していない身体を起こして、床にひたりと足を触れた。


制服のシャツを脱いで、部屋に備え付けられている浴室に入る。



髪を洗って早々と浴室出た私がバスタオル一枚で上がると、タイミング良く扉からノックがした。




「つぼみお嬢様~朝ッスよー!!」

「リュウ、おはよう」



タオルで髪を乾かしながら視線を向けると、部屋に入って来たのは燕尾服の少年。彼は私の専属の執事でもある。



リュウは私と一つ違いで歳上、りっちゃんと同い年という事になる。



多々言動が子供っぽい所があるけどね。



「って、うわぁ!そんな格好で何をしてるんスか!?」

「シャワー上がりだけど?」

「服着て下さいッス!」




リュウは持って来ていた制服のシャツを、私にぶん投げる。



あの…一応私、貴方の主人なんですけど。
変な所で照れるんだもんなぁ。



「下着も置いとくんで、俺が浴室片付けてる間に着替えてくださいっス!」


「………うん」



本当に変な所で照れるんだね、なんで下着は平然と本人の目の前に置けるんだろう。


浴室に入ったリュウを見て苦笑し、私は制服に着替える事にした。


  • しおりをはさむ
  • 1845
  • 3212
/ 480ページ
このページを編集する