無自覚な誘惑。【完】

プロローグ






私は、自分の見た目が大嫌い。



癖っけのウェーブの髪も、厚い唇も、無駄に膨らんだ胸も、必要のない泣きぼくろも、このたれ目も……ぜんぶ、全部嫌い。







「なあ、見ろよ静香(しずか)先輩。マジで色気やばくね?」



「俺らみてーなガキには刺激強すぎだよな~」



「一回でいいから、相手してくんねーかな」



「無理だって。お金持ちのおじさんしか相手にしないって噂だし」







図書委員として、受付をしている最中。



……聞こえてるん、だけどな……。



遠目から私のことを見ている男の子たちの会話が耳に入って、胸が痛む。



自分が周りになんて言われているのかは知っているけど、直接話を聞くのは、やっぱり良い気はしない。



彼らの目に私がどう映っているのかと考えると、怖かった。





今すぐここから逃げ出したいけど、委員としての役割があるから、仕事を投げ出す訳にもいかない。

0
  • しおりをはさむ
  • 7228
  • 37287
/ 518ページ
このページを編集する