無自覚な誘惑。【完】

《第2章》危険な合宿 /一週間の幕開け






……よし、準備万端。

重たい荷物を持って、家の階段を下りる。



今日から、一週間の合宿がスタートする。



「お母さんお父さん、おはよう」



リビングで座っていた二人に挨拶をすると、二人が私の元へ寄ってきてくれた。



「おはよ静香。もう準備出来たの?」

「うん。今から行ってきます」

「も、もう行くのか……!?」



お父さんが、目に涙を溜めながら私を見ている。



「それにしても、静香が一週間も家を空けるなんて初めてだから、ママもパパも寂しいわ」



確かに、そうだな……。

あまり友達の家に泊まりにいくこともなかったし、修学旅行くらいしか家を空けた記憶がない。

0
  • しおりをはさむ
  • 7228
  • 37319
/ 518ページ
このページを編集する