無自覚な誘惑。【完】

《第2章》危険な合宿 /近づくふたり




ピピピピピという電子音が鳴り響き、私は健太くんの方を見た。



「何度でしたかっ……?」

「38.5分です……これ、帰した方がいいですかね……?」



健太くんの口から発せられた数字に、私は下唇をぎゅっと噛み、布団で眠っている和泉くんに視線を向ける。



和泉くんが倒れた後、どうしようかと途方に暮れていた私。

そんな中、私を追いかけて健太くんが来てくれて、すぐに助けを求めた。


健太くんにおぶってもらい、ひとまず余っていた使われていない一室に和泉くんを運んだ。


応急処置で毛布を重ね暖かくし、氷囊や水分なども持って来たのだけれど……



「一旦、ご両親に連絡した方がいいかもしれませんね……」



この熱じゃ、合宿どころでは無いだろう。



0
  • しおりをはさむ
  • 7228
  • 37287
/ 518ページ
このページを編集する