無自覚な誘惑。【完】

《第3章》不機嫌な和泉くん /初日終了




朝食の下準備を30分ほどで終わらせ、夕食の食器洗いに取り掛かろうと思った時だった。




「静香ちゃん、いる?」



厨房に、佐倉先輩の声が響いたのは。



「はい……!います」

「よかった。……お疲れ様」



私のもとへ歩み寄ってくる佐倉先輩は、いつもの笑顔を浮かべている。


私に、何か用かな……?

さっき和泉くんの部屋で会ったけど……どうしたんだろう。



「何かありましたか?」

「いや、何もないよ。静香ちゃんと話したかっただけ」



……?

私と話しても、楽しくないだろうけど……。


なんだか申し訳なくなって、肩を狭める。



「マネージャーの仕事、どう?大変でしょ?」

0
  • しおりをはさむ
  • 7228
  • 37297
/ 518ページ
このページを編集する