無自覚な誘惑。【完】

《第1章》好きな人 /一目惚れ



朝。早く学校に来て、花壇の水やりをする。

それが、毎日の日課だった。



誰よりも早く教室について、花瓶の水を入れ替えて。そして、お気に入りの小説を読む。

私の、何気ない日常。




「静香ー!」



私の名前を呼ぶ声が聞こえて、現実世界へと呼び戻された。

小説から視線を声の主に移すと、いつの間にか人が増えた教室が目に入る。



「あ……おはよう、リナちゃん」

「まーた読書に没頭してたの?ほんと、そんなの読んで何が楽しいのよ」

「え?凄く面白いよ?リナちゃんも読む?」

「無理。あたし活字ダメなの」



そう言って私の隣の席に座ったのは、親友の松井リナ(まつい りな)ちゃん。

高校に入ってから、ずっと同じクラスで、一番仲良くさせてもらっている女の子。

私とは違って、明るくて、ハキハキとしていて、とっても頼りになるリナちゃん。


0
  • しおりをはさむ
  • 7228
  • 37319
/ 518ページ
このページを編集する