無自覚な誘惑。【完】

《第4章》不器用な恋たち。 /消えない想い




「静香さん、俺がしますよ!!」



一人じゃ持てない朝ごはんをワゴンに乗せたくて、どうしようかと悩んでいると、背後から来た健太くんが持ち上げてくれた。

軽々とワゴンに移していく健太くんに、男の子は凄いなぁと感心する。



「ありがとう健太くん。重たかったから凄く助かります……!」



笑顔でお礼を言うと、いつものように健太くんは顔を真っ赤にした。

健太くんは、人にじっと見つめられると、恥ずかしくなる子なのかもしれない。

毎回りんごみたいに赤くなっているから、最近そう思い始めた。



「い、いえ……力仕事は任せてください!」



私の方を見ないでそう言う姿を見て、照れているのかなと微笑ましくなる。



4日目の朝食メニューは、和食にした。

いつもパンばかりだと部員さんたちも飽きるだろうし、今日は早起きして頑張ったんだ。

早起きっていうより……昨日は寝付けなかったっていう方が、正しいんだけど……。


佐倉先輩から言われたことをずっと考えていたら、なんだか眠れなかった。


0
  • しおりをはさむ
  • 7230
  • 37344
/ 518ページ
このページを編集する