無自覚な誘惑。【完】

《第1章》好きな人 /失恋




「静香、おはよ!」

「おはよう、リナちゃん」



本をパタリと閉じ、リナちゃんに笑顔を向ける。

そんな私を見ながら、リナちゃんはギョッと目を見開かせた。



「あ、あんた、どうしたのよその目。腫れすぎじゃない?」



……う、やっぱり気づかれた……。



「……あ、えっと……」

「なに?また映画でも観て泣いたの?」



そう言って鼻で笑うリナちゃんに、苦笑いを返す。



昨日あれから、図書委員の仕事が終わって家に帰った。

帰り道、和泉くんの言葉を思い出して、涙が溢れてきて、お風呂に入っている時も、夜寝る直前も……情けない話、ずっと涙が止まらなかった。


結果、朝鏡で自分の顔を見て、変な声が出るほど目が腫れていたんだ。

時間が経って引いてくれたらいいけど……。

0
  • しおりをはさむ
  • 7236
  • 37422
/ 518ページ
このページを編集する