無自覚な誘惑。【完】

《第1章》好きな人 /親友と先輩と




7月も半ばに入ると、朝の日差しが眩い。

少し汗ばんでいる体を冷ますように手で扇ぎ、作業を続けた。



「大きく育ってねっ……」



花壇の花、ひとつひとつにお水をあげて、朝の日課を熟す。

まっすぐ、太陽を向いて咲くひまわりがたくましくて、自然と頰が緩んだ。



今年も無事に咲いてくれて、よかった……。

花壇のある場所は、校舎の陰になる場所だった。


ひまわりにとって、あまり良くない環境で、試行錯誤し出来るだけ太陽が当たりやすい場所を選んだんだ。


ひまわり、大好きな花。

堂々としていて、見ているだけで元気が出る。



「……よし、終わり」



全ての花の水遣りを終え、道具を直そうと、立ち上がった時だった。

0
  • しおりをはさむ
  • 7230
  • 37345
/ 518ページ
このページを編集する