涙とキスと泣き虫クン*完

おまけ* /帰り道*



「本当にハナちゃんが好きだよ?」

「だーかーら、それは刷り込みだっての!!」

日が落ちて、空がオレンジ色に染まる帰り道――。



「違うってばー!!」

「はいはい」

なんてテキトーに返事をする私と、


「ハナちゃん、信じてないでしょ……」

"ぷぅ"と子供の様に頬を膨らませるリキ。



「じゃぁ、私なんかのどこが好きなの?」

「えー……と、」

「ほら言えないんでしょ?」

「えーとえーとえーと、無理して強がってるところとか」

「……強がってないし」

「泣きたい時に頑張って我慢したり」

「我慢なんてしてないし!!」

「も、文句言いながらも一緒にいてくれるところとか?」

「……」

「あと、やっぱりハナちゃんが照れた……」






「いたッ!!何するんだよー」

「うるさい!!」

リキの私のどこを好きか説明をする言葉に自分自身の熱が上昇したのも分かったけど。
つねったリキの頬も赤くなっていた。


Fin

0
  • しおりをはさむ
  • 13
  • 413
/ 111ページ
このページを編集する