涙とキスと泣き虫クン*完

涙とキスと泣き虫クン /好きな人


「……リキ、今度はどうしたのさ?」

私の台詞が溜め息と共に落ちた。
先輩と別れ、渡り廊下を走って隣の校舎にきてみれば、しゃがみ込むリキの姿が視界に入った。


「ま、迷子に……なっちゃって」

私に気付いたリキは、溢れ落ちるように涙を流している。


「はぁ?」

迷子なら別に私じゃなくても連れて帰れんじゃん!なんて、何ともやりきれない理不尽な思いが生じる。
そんな中、ふとした疑問が沸き上がった。


「リキ、入学して何ヶ月たつの?」

「さ、3ヶ月……」

リキは右手でゴシゴシと涙を擦る。


「方向オンチなのは昔から知ってるけどさぁ」

「ハナちゃん、ごめんね?」

「何で1人で旧校舎なんて来たの?」

私が鋭い視線を落とせば、まだ赤い鼻を啜るリキが見えた。

0
  • しおりをはさむ
  • 13
  • 456
/ 111ページ
このページを編集する