涙とキスと泣き虫クン*完

涙とキスと泣き虫クン /夏休み


「はぁ?先輩と別れたぁ?」

昼休みの空き教室に、マリの素っ頓狂な声が響いた。


「そ、そんでリキにちゅーしただと?」

マリとは中学からの付き合いで、リキの事も同じ中学だからよく知っている。
目はこれでもかって開かれて、怖い位な勢いで私に視線を送った。けど、マリのリアクションが激しいのはいつもの事だから慣れている。


「まぁ……」

私は軽く首を傾げてからジュースのストローを啜る。


「な、なんで……?」

「さぁ、なんとなく?」

「いや、まずさ。えっとあの」

「マリ、落ち着いて」

「えーと、まずさ。アイは何で先輩と別れたの?」

「……」

「……」

「えー、なんとなく?」

マリの質問なんて誤魔化す様に、私はヘラッと笑って見せた。

0
  • しおりをはさむ
  • 13
  • 463
/ 111ページ
このページを編集する