涙とキスと泣き虫クン*完

涙とキスと泣き虫クン /本性


音を立てて後ろの扉が閉まる。
ローテーブルの上に置いてある灰皿の中にはタバコの吸い殻があった。

高校生なのにこんなにオープンに吸っちゃまずいんじゃないかな。そう思ったと同時に、色の綺麗な飲み物が入ったコップが目に入った。
顔を上げればなんとなく見た事ある人達だから、もしかしたら先輩のクラスの人なのかもしれない。


「アイちゃん、こんにちは。今日はよろしくー」

「補習お疲れー」

なんて髪の長い男の人と茶髪の男の人のヘラヘラした笑い声が、室内に響いて私の中で嫌悪感がうまれる。なのに、私は先輩に手を引かれるままに部屋の中心部へと移動するから、


「あ、こんにちは」

なんて間の抜けた声しか出せない。


「分かってねぇじゃん」

「マジでいーの?」

そんな台詞と共に嫌な笑い声が耳に入ってきて、この状況を理解しきれていなくても嫌な予感が私の頭を過った。

0
  • しおりをはさむ
  • 13
  • 413
/ 111ページ
このページを編集する