涙とキスと泣き虫クン*完

涙とキスと泣き虫クン /現実と



高校生になってからはリキを落ち着かせるように面倒をみてきた。
けど"もっと泣かせたい"と思うのは、私の潜在意識の中で眠っていた感情なのだろうか。自分の行動に全く抵抗はなかった。



「……ッ」

ゆっくりと唇を落として、首元へ舌を這わせれば、リキの身体がビクリと動いたのが分かった。

そのまま制服の裾から手を滑り込ませれば、


「ちょ、待って」

予想通り"待った"の声がかかる。


「リキは黙って」

「え……と。ハナ、ちゃん?」

ギロリと睨み付ければ、明らかに戸惑う返事が戻ってくる。

今の私にはそんなのどうでもいい。

リキの後ろに回された右手をゆっくりと動かしはじめる。
薄くて華奢な身体はすべすべしていて、背中を撫でているこっちが気持ちがいいくらいだ。

0
  • しおりをはさむ
  • 13
  • 413
/ 111ページ
このページを編集する