涙とキスと泣き虫クン*完



「そ、うなのかな……」

「理想が高くなってんじゃない?」

「でも、それじゃいつになっても彼氏出来ないじゃん!!」

「無理して作るもんじゃないでしょ!!」

「確かにそうだけど、高校生だし彼氏がいた……」

"彼氏がいた方が楽しいじゃん!!"的な言葉を続けようとしたところで





「それか、本当は他に好きな人がいるとか」


半分呆れ顔のマリの台詞に、私の頭に思い浮かんだのは──





「違う!!」


自分自身、何に対して苛々しているのか。

何が気に入らないのか。

目の前には眉間に眉間に皺を寄せたままのマリが首を傾げていて。


考えれば考える程、認めたくない答えに近付いく。

0
  • しおりをはさむ
  • 13
  • 416
/ 111ページ
このページを編集する