りんじん彼ジョ。【完】

りんじん彼ジョ。 /隣の少年 side ケーコ




「幸せそうな寝顔……」

小さな息を落として、スマホのシャッターを押した。
画面には口をあいて寝ている顔が表示されて、続けて保存ボタンをタップする。

なんでこんなに気を許してんのかな、なんて呆れながらも口元が緩んでしまう。



「ホント、最低」

吐き出した独り言と共に、黒くて固めな髪を撫でて頬にキスを落とした。



「んー……」

「あ、ごめん。起こしちゃった」

腕を引っ張られ、再び布団の中に導かれて唇が塞がれる。




「もう帰んないとな」

彼はそう言って立ち上がると、ベッドの下に落ちている衣類を手に取り始めた。

0
  • しおりをはさむ
  • 146
  • 451
/ 317ページ
このページを編集する